司法書士本千葉駅前事務所 遺産相続手続・不動産の相続登記

遺産相続手続のご相談は司法書士本千葉駅前事務所へ

 

HOME → 相続手続きのタイムスケジュール → 相続登記

 

不動産の相続登記

1.相続による不動産の名義変更

 

土地や建物などの不動産をお持ちの方が亡くなられた場合、その不動産の登記名義はどうなるのでしょうか?

 

不動産の所有者(又は共有者)が死亡した場合でも、その登記名義は自動的に変更されるわけではありません。

 

亡くなられた方が所有していた不動産の登記の名義を、相続人の方の名義に変更するためには、相続人の方が、不動産の所在地を管轄する法務局に対して登記を申請する必要があります。

 

この不動産(土地・建物)の名義変更の登記を、一般的に相続登記といいます。

 

2.相続登記はお早めに

 

不動産(土地・建物)の相続登記の申請は、必ずしなければならないわけではありません。

 

しかし、土地や建物が被相続人(亡くなられた方)の登記名義のままでは、後日その不動産を売却したり、抵当権等の担保を設定した場合、それらの登記をすることができません。

その前提として、まずその不動産の名義を、遺産分割協議などによりその不動産を相続した方の名義に変更する必要があります。

売却や担保の設定などの予定のある方は、お早めに相続登記の申請をされることをおすすめします。

 

また、そのような予定のない方であっても、不動産(土地・建物)の相続登記をしないでそのまま放置しておくことはおすすめできません。

 

相続人の中に亡くなられた方がでてくると、その方の相続人としての権利・義務をさらにその相続人が承継することになり、相続関係が複雑化してしまいます。その分相続登記に必要な書類も増加することになります。

 

この点からも、相続登記はお早めに申請することをおすすめいたします。

  

※例

被相続人(父)が死亡したあと速やかに不動産の相続手続きを行っていれば、遺産分割協議は子(AB)2人の間で行うことができ、必要書類も少なくてすみます。

 

ところが、相続手続きをとらない間に子(B)が死亡した場合被相続人(父)の遺産分割協議は子(A)・孫(B1B2B3)の間で行うことになり、それにともない必要となる書類も増加します。

 

相続登記の必要書類
登記の費用について確認する

3.相続登記の申請

 

不動産の相続登記の申請は、相続人が、その土地や建物の所在地を管轄する法務局に対して行います。 

相続登記の申請には、登記申請書やその添付書類、登録免許税などが必要となります。

 

登記の完了は、申請から1週間~2週間程度が目安となります。

 

◆ HOME
◆ 不動産の相続登記
◆ 相続登記の費用 ◆ ご依頼の流れ ◆ メール無料相談

 

費用や手続きに関するお問い合わせは無料

 

複雑な手続きは、専門家にお任せください。

 

司法書士本千葉駅前事務所では、皆様からの

ご相談やご依頼をお受けいたしております。

お気軽にお問い合わせ下さい。  

 

メール 無料相談(費用等のお問い合わせを含む)   

 

ご 依 頼 受 付

 

 

 

HOME → 相続手続きのタイムスケジュール → 相続登記

 

本サイトは 「司法書士本千葉駅前事務所」 が管理・運営をしております。

 

司法書士本千葉駅前事務所 (JR本千葉駅西口前) 

〒260-0854 千葉市中央区長洲一丁目32番1号鴇田ビル3階 

E-mail:honchibaekimae@pa3.so-net.ne.jp Tel:043-216-5052

 

~主な業務エリア~

 

千葉市中央区/千葉市花見川区/千葉市稲毛区/千葉市若葉区/千葉市緑区/千葉市美浜区

市原市/習志野市/船橋市/市川市/八千代市/佐倉市/四街道市/松戸市/八街市/東金市/茂原市/他千葉県近郊地域

 

※ その他、遠方の方はご相談下さい。